非加熱で添加物一切なし!
希少なマヌカハニーをベースにした
世界唯一のフレーバーはちみつ
HoneyFusionのフュージョンシリーズ

非加熱・無添加のモノフローラルの

マヌカハニーをめぐる3つのストーリー

ニュージーランド固有のマヌカの花から採れるマヌカハニーはとても希少なハチミツです。

イギリスの第三機関のある調査報告によると、マヌカハニーのニュージーランドでの生産量は
年間1,800tに対して販売量は10,000tと、生産量に対してなんと5倍以上の商品が流通されているというデータがあります

つまり、当然その中には偽物のマヌカハニーや、他のハチミツとブレンドした蜂蜜が公然と売られていると言うことです。

しかも、日本で販売されているハチミツの90%以上が大量生産するために加熱処理をされたハチミツと言われています。

マヌカハニーは100%本物かどうか判るまで
まだ買わないでください!

沖縄県豊見城市にあるマヌカハニー専門店Honey Fusionでは、

・体に良くて、毎日食べたくなるほど美味しくて
・熱処理も余計なものも一切加えていないマヌカハニーをベースに
・100%天然素材だけでオリジナル商品

を作っています。

これから本物のマヌカハニーをめぐる3つのストーリーを軸に、100%ピュアマヌカハニーの秘密をお話しします。

①非加熱・無添加の100%ピュアの生マヌカハニーはとても希少な蜂蜜。マヌカ特有のクセもなく生キャラメルのようにクリーミー

②ハニーフュージョンのマヌカハニーが100%ピュアと言える理由。マヌカをめぐる全長600kmもの養蜂の旅

③沖縄の特産品のおいしさをそのまま閉じ込めるフリーズドライ製法とNZランド産マヌカハニーとの融合(フュージョン)

入手困難な非加熱・無添加の

100%ピュアマヌカハニーは
生キャラメルのようにクリーミー

沖縄のマヌカハニー専門店として、マヌカハニーのオリジナル商品を販売しているハニーフュージョンです。

世界的に見ても非加熱で無添加の生のマヌカハニーを手に入れるのは非常に困難です。日本で販売されているハチミツの90%以上が大量生産するために加熱処理をされたハチミツと言われています。

わざわざ『非加熱』と書いていないハチミツは、加熱処理がされているものと思っても間違いないかもしれません。

もちろんハニーフュージョンのマヌカハニーは、非加熱の生ハチミツで、砂糖や添加物(水や水あめ、ぶどう糖や果糖、グルコース溶液や小麦粉、ブドウ糖、コーンスターチなど)も、一切使用していません。

しかも、独自製法により、50時間以上攪拌させることで、マヌカハニー特有のクセがなく、生キャラメルのようにクリーミーな味わいです。

NZランド産マヌカハニーと

沖縄産天然素材がフュージョンした

新しい美味しさの発見

今回ご紹介するフュージョンシリーズは、ニュージーランド産のマヌカハニーと沖縄のフルーツなどの素材をフュージョンした100%天然素材だけで作ったフレーバーハチミツです。

Fusion(フュージョン)を日本語に翻訳すると『融合』。融合とは「溶け合い、一つになること」という意味です。

そして、マヌカハニーにフュージョンしているのは、沖縄の代表的なフルーツのシークワーサー、パッションフルーツをはじめ、沖縄では大変珍しい宜野座産のイチゴや、ピーナッツ(伊江島産)、ジンジャー(本島南部産)と全て沖縄産の地物の素材を使用しています。

それらの沖縄産の素材をフリーズドライ製法でビタミンなどの栄養成分や風味は、ほぼそのまま残して、マヌカハニーとフュージョンさせています。

世界的に希少なマヌカハニーをベースにしたフレーバー蜂蜜は、マヌカハニー生産国のニュージーランドでも売っていない商品ですので、2021年時点では、ハニーフュージョンのフュージョンシリーズは世界唯一のマヌカハニーをベースにしたフレーバー蜂蜜と言える商品です。

なぜ沖縄の会社が

マヌカハニーをベースにした
商品を
作っているのか?

『なぜ、沖縄でマヌカハニーなのか?』とよくお客様に聞かれます。

それは、弊社代表取締役社長で沖縄県生まれのマクブライド直子とニュージーランド出身の副社長グレン・マクブライドが生まれ育った大好きな国を大切にしたいという想いと、両国の良いものをフュージョン(融合)した商品を届けたいというアイデアからフュージョンシリーズが生まれました。

ハニーフュージョンのマヌカハニーはニュージーランドの契約養蜂家から直接仕入れるだけではなく、ニュージーランド政府から認定された研究所から認証を受けたものだけを100%使っています。

NZランド固有の
マヌカの花から採れた
希少な
『モノフローラル』マヌカハニー

ハニーフュージョンのマヌカハニーの特徴は、100%ピュアで混じりっけのない「モノフローラル」のマヌカハニーです。

マヌカハニーは大きく「モノフローラル」と「マルチフローラル」の2つがあります。

「モノフローラル」とはマヌカ花のハチミツのみで出来たマヌカハニーのことを言います。

「マルチフローラル」とは、マヌカ花のハチミツだけではなく、他の花の蜜も含んだブレンドハニーのことで、100%ピュアマヌカハニーではありません。

モノフローラルのマヌカハニーの最低基準値というものが厳格に定められています。

この最低基準値に対し、ハニーフュージョンのマヌカハニーが検査結果が下記の通りです。

この検査結果からも判るように弊社ハニーフュージョンが取り扱うマヌカハニーは、

モノフローラル(純粋100%マヌカ花から取れたハチミツ)と証明さたマヌカハニーです

ニュージーランド政府認定工場にて検査した結果の
↓証明書がこちらの分析表です。

美味しくて身体も喜ぶ

MGO220+のマヌカハニーを使った

フュージョンシリーズの商品開発秘話

フュージョンシリーズでこだわったのは、沖縄の特産品のおいしさや風味はもちろん、素材そのものが持つ、ビタミンなどの栄養成分をそのまま活かすために、非加熱のフリーズドライ製造。

フリーズドライは水分を含んだ食品や食品原料をマイナス40 ℃程度で急速に凍結し、さらに減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥させる製法で、素材の風味はそのまま残ります。

しかも、60時間以上かけてフリーズドライでパウダー化した素材は、マヌカハニーと溶け合い、マヌカハニーが持つ抗菌性も相まって、常温での長期保存が可能になるのです。

さらにマヌカハニーの抗菌力を表す※MGO220+の非加熱ピュアマヌカハニーを使用!

美味しいだけじゃなくて、体も喜ぶフュージョンシリーズですが、商品開発にはとても苦労をしました。

甘いハチミツにフュージョンさせる沖縄産のフルーツの組み合わせで、予想に反してパンチが無かったり、商品開発の試作品で自社工場のフリーズドライマシーンで甘くて瑞々しいフルーツが、フリーズドライにしたら、甘みも全くなくなって、木の切り株のようにカチカチになって大失敗だったり…。

そんな試行錯誤をしながら、美味しいのはもちろん、安心して食べられる商品の開発に日夜取り組んでいます。

※MGOとは・・・メチルグリオキサール(MethylGlyoxal)は、マヌカハニーに含まれる、抗菌活性物質のこと。
MGOはそれが1㎏中に何㎎含まれているか示すものとなっていますので値が高いほど抗菌活性力又は殺菌能力が高くなります。

マヌカをめぐる600kmの旅

ハニーフュージョンのマヌカハニーが

100%ピュアと言える理由

マヌカはニュージランドに古くから自生している固有の花で、マヌカの花は1年間で4~6週間の間しか咲いていないので、マヌカハニーは他のハチミツと比べると圧倒的に生産量が少ないハチミツです。

マヌカの花は、毎年11月〜2月に日本の桜前線のようにニュージーランドの北から南の順番で咲いていきます。

「モノフローラル」のマヌカハニーを採取するために、ハニーフュージョンの提携養蜂家は、それに合わせて、周りに農薬を使用していない場所に養蜂巣箱を設置するため、全長600kmの旅をして、マヌカの花の蜜を採取しています。

時には道のない場所に巣箱を設置するのに、ヘリコプターで移動をしたりすることもあります。

巣箱を設置する場所は、ニュージーランド中央高台にあるトンガリロ国立公園のラウペフ山およびトンガリロ山付近で、全て国立公園内であり、農業地ではないので、ミツバチの健康にとって最大リスクの1つである除草剤や農薬が近くに使われていることはありません。

また、ハニーフュージョンが提携している養蜂園(KHNZ社)では、ハチミツをどの巣箱から採ったのか、どこに輸出をしたかなどの追跡(トレースアビリティ)が十分に確保されていることが確認できております。

ハニーフュージョン代表取締役社長のマクブライド直子とニュージーランド出身の副社長グレン・マクブライドは、一年の半分をニュージーランドと沖縄で住んでいるので、生産者と直接話をして、時にはヘリで一緒に巣箱の設置場所に出向いています。

100%ピュアの高品質なマヌカハニーを生産し、提供できるのは私達の誇りでもあり、日本に本物のマヌカハニーをお届けするのがハニーフュージョンの使命(ミッション)でもあります。

沖縄産の特産品のおいしさを

そのまま閉じ込める
フリーズドライ製法

今回フュージョンシリーズでお届けするのは、プレミアムマヌカハニー(※MGO 220+)の他に、5種類の沖縄の特産品を独自のフリーズドライ製法でプレミアムマヌカハニーとフュージョンしたフレーバーマヌカハニーをご用意しました。

こだわったのは、沖縄の特産品のおいしさや風味はもちろん、素材そのものが持つ、ビタミンなどの栄養成分をそのまま活かすために、非加熱のフリーズドライ製造。

フリーズドライは水分を含んだ食品や食品原料をマイナス40 ℃程度で急速に凍結し、さらに減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥させる製法で、素材の風味はそのまま残ります。

しかも、60時間以上かけてフリーズドライでパウダー化した素材は、マヌカハニーと溶け合い、マヌカハニーが持つ抗菌性も相まって、常温での長期保存が可能になるのです。

※MGOとは・・・メチルグリオキサール(MethylGlyoxal)は、マヌカハニーに含まれる、抗菌活性物質のこと。MGOはそれが1㎏中に何㎎含まれているか示すものとなっていますので値が高いほど抗菌活性力又は殺菌能力が高くなります。

フュージョンシリーズ全6種類

フュージョンシリーズの
こんな食べ方のアイデア

フュージョンシリーズは、砂糖や添加物などを一切加えずに、自然の素材そのもので作っています。

そのままでも美味しく召し上がれますが、食べ方いろいろ、お好みでお召し上がりください。

朝食のパンに塗ったり


ヨーグルトにトッピングしたり

紅茶やコーヒーのフレーバーに

ホットケーキなどのオヤツや
カフェラテのトッピングに

ハニーフュージョンがピュアマヌカと

沖縄の特産品にこだわる理由

私たちハニーフュージョンがニュージーランド産のピュアマヌカハニーと沖縄産の特産品にこだわるのは、弊社代表取締役社長で沖縄県生まれのマクブライド直子とニュージーランド出身の副社長グレン・マクブライドが生まれ育った大好きな国を大切にしたいという想いと、両国の良いものをフュージョン(融合)した商品を届けたいという想いがあるからです。

そもそもニュージーランド産のマヌカハニーを取り扱うきっかけになったのは、副社長のグレンが地元ニュージーランドの知り合いの養蜂家から相談を受けたからです。

マヌカハニーを作る養蜂家の現状とは?

マヌカハニーは、ニュージーランド固有のマヌカの花から採れるハチミツです。

しかも、1年間で4~6週間の間しか咲いていないので、マヌカの花が咲く時期に合わせて、全長600kmの移動をしながら、時にはヘリコプターを使って、マヌカの花が咲いている僻地へ巣箱を設置しなければいけません。

しかも100%ピュアで混じりっけのない「モノフローラル」のマヌカハニーを作るのは並大抵ではない苦労が必要になります。

そんな苦労とコストをかけても、大手から安く取引をされているのが現状でした。

そこで、沖縄で本物のマヌカハニーを流通させるために立ち上げた会社がハニーフュージョンの前身となる会社でした。

農業経済を学ぶ過程で感じた

沖縄の農家の現状

副社長のグレンは25年前に空手の修行に沖縄に来たのをきっかけに、琉球大学で農業経済を学びました。

その過程で沖縄の農家の現状を知るほどに、日本語も全く話せなかった外国人である自分に対し、暖かく接してくれた沖縄の農家の人たちに、いつか役に立ちたいという思いがありました。

沖縄のフルーツを作っている農家は、農作物が収穫される短期間に作物を流通させなくてはいけないため、大量に収穫しても安く取引されたり、台風により出荷ができなくなったり、非常に不安定です。

そこでグレンが考えたのが、ニュージーランドの養蜂家と沖縄の農家の悩みを一気に解決する『マヌカハニーと沖縄産の素材のフュージョン(融合)』というアイデアだったのです。

品質の良い非加熱の
マヌカハニーを日本へ

『マヌカハニーと沖縄産の素材のフュージョン(融合)』という発想を具現化するために、まずはニュージーランドから、非加熱で無添加*のモノフローラルのマヌカハニーを作っている心ある養蜂家と契約をして、直接の輸入できる仕組みを作りました。

それにより、ニュージーランドの養蜂家は取引価格が安定するとともに、中間マージンが掛からないため、低コストで高品質の原材料を仕入れることができるようになり、品質の良い非加熱・無添加*のマヌカハニーを日本に届けることができます。

ハニーフュージョンにかける思い

ハニーフュージョン誕生秘話を代表社長 のマクブライド直子と 副社長 グレン・マクブライドにインタビューをしました。

ニュージーランドの養蜂家や沖縄の農家への思い、家族のこと、ハニーフュージョンのマヌカハニーの特徴など、ドローンの空撮よる沖縄の美しい海の映像を交えてお伝えします。

お客様の声

フュージョンシリーズをご購入いただいたお客様の感想を紹介します。
※個人の感想であり効果効能を示すものではありません。

効果をしっかり感じる事が出来そう!

Mさんご夫妻  沖縄県

マヌカハニーを使用して1年半。 最近、ハニー フュージョン社のマヌカハニーを愛用してます!
以前使用していた物と比べてとても濃い感じがして効果をしっかり感じる事が出来そう!
普段は朝1回、『風邪かな?』と感じたり、ひき始めは、1日3回飲むようにしています。

仕事にも集中できてその夜は熟睡

知念さんご夫妻 沖縄県那覇市 

クリーミーなマヌカハニーが好きで買って置いていましたが、忙しさにかまけて普段はなかなか食べませんでした。

ある日、夜になると喉が痛く、眠りが浅い日が続きました。日中も集中力の低下、体力的にも限界でした。ふと、マヌカハニーが喉に良いと聞いたことが記憶が蘇り、ティースプーンで舐めました。

すぐには症状は変わりませんでしたが、根気よく舐め続けました。気がつくと、いつの間にか喉の痛みが改善していました。仕事にも集中できてその夜は熟睡できました。それ以来、マヌカハニーの底力を知ることができ、今では舐め続ける毎日です。

マヌカ抗菌成分で菌を撃退

田中さんご夫妻 沖縄県北谷町

ヌカハニーを20年以上愛好しています。
その成分を知れば知るほど健康維持にはとても良いものだと実感し、消化器官の弱い私のレスキューに、また子どもの風邪予防に一匙のマヌカを摂ってきました。

子どもが小学生の頃、朝食はバタートーストにマヌカハニーを塗り、シナモンを振って食べるのがマヌカのクセもなくおススメです。 抗菌成分の数値が高ければ高いほど良いと言われてはいますが、マヌカのクセも出てくるので、日常に利用するのには、ハニーフュージョンのMGO180mg(UMF+10前後)が充分かと思います。

喉の調子が気になったらスプーン1杯のマヌカを摂ってマヌカ抗菌成分を摂取して菌を撃退したいですね!

口内炎ができた子供に

Sさん 東京都

マヌカハニーは、天然の抗生剤、食べても良し、怪我の傷口や吹き出物、口内炎に塗っても良いと聞き、愛用しています。

口内炎ができた子供に使用した際には、薬と違って美味しく殺菌してくれるマヌカハニーなので喜んで口にしてくれています。

フリーズドライで

味や栄養素はそのままに

また、沖縄のフルーツや野菜を安定的に商品化するために、独自のフリーズドライ製法を確立しました。

フリーズドライにすることで、味や栄養素は変わらないのに、市場には出ることのない規格外(B級品)の商品を仕入れて商品化できるので、せっかく作った農作物の廃棄が少なくなり、沖縄の農家への支援と貢献ができるようになりました。

生産者の顔が見える仕入れで

安心できる商品作り

わたしたちハニーフュージョンは、生産者であるニュージーランドの養蜂家や、沖縄の農家の方と直接お話をして、素材の確かさを見極めながら生産者の顔が見える取引をすることにより、ニュージーランドのマヌカハニーと沖縄産の素材のフュージョン(融合)という、ハニーフュージョンの強みを活かした商品作りにも活かせています。

商品を購入されるお客様にとっては、他では手に入れることが困難な、非加熱のマヌカハニーと、フリーズドライで沖縄産素材の持つ味や栄養素をそのままの商品を安心して手に入れることができます。

フュージョンシリーズは

沖縄の自社工場で作っています

ハニーフュージョンはとても小さな会社ではありますが、沖縄の契約農家から仕入れたフルーツやピーナッツやジンジャーは全て、沖縄県糸満市にある自社工場でフリーズドライにしてニュージーランドから輸入したマヌカハニーとフュージョンしています。

1日に生産できる量はそれほど多くはありませんが、手作りで安心できる商品作りをモットーに、沖縄とニュージーランドの架け橋になる商品開発と、今回応援購入いただいた皆様に期限内にお届けできよう、

そして、おいしくて美容や身体に良いものをお届けするために、プロジェクトを誠心誠意進めてまいります。

美味しいのはもちろん

安全で安心なマヌカハニーを通して

幸せと感動をお届けしたい!

ハニーフュージョン代表のマクブライド直子です。

一般のマヌカハニーの多くは独特のくせがあって食べにくく、また「世界で最も高級な蜂蜜なので手が出せない」という方も多いのが現状です。

弊社はそんな悩みを解決したく、クリーミーでまろやかな味わい、本物のマヌカハニーを厳選して、ニュージランドの契約養蜂家から直輸入しています。

わたしが沖縄出身と言う事もあり、沖縄天然素材とマヌカハニーをフュージョン(融合)した商品を開発し、より美味しく食べ易い「フュージョンハニー」の自社製造に成功しました。

沖縄は、紫外線が非常に強いため、美容や健康に良いと言われる高ポリフェノールの島野菜やおいしいフルーツがたくさんありますが、まだまだ全国的に知られていません。

生の野菜やフルーツを沖縄から輸送するにはコストが割高になるために、採算が合わなくなるためです。

そんな現状を、わたしたちハニーフュージョンのフリーズドライ製法を使った商品開発を行い、魅力的な沖縄の特産とニュージーランド産のマヌカハニーを日本全国にお届けしていきたいと思っています。

美味しいのはもちろん、安全で安心なマヌカハニーを通して、お客様に幸せと感動をお届けしたい!

世界的に見ても唯一のマヌカハニーをベースにしたフレーバー蜂蜜、Honey Fusionのフュージョンシリーズを是非お試しください。

◆株式会社Honey Fusionについて◆

本物で美味しい・天然・非加熱、ニュージーランド産100%ピュアマヌカハニーと沖縄の良い素材とコラボした商品を開発中です。
2020年10月8日にマヌカハニー専門店『Honey Fusion』を沖縄県豊見城市高安にグランドオープンしました。

会社名:株式会社Honey Fusion(ハニーフュージョン)
所在地:〒901-0242 沖縄県豊見城市高安603
問合せ先:(098)852-2003
https://www.honey-fusion.com/ja/